オートクチュール京都の仕事

2019/11

天台宗 一隅を照らす50周年記念イベント「照隅祭」

比叡山延暦寺東塔西塔地域の全体を活用し、“一隅を照らす人になる種を得る”メッセージ体感型カルチャーイベント「照隅祭」を企画・運営。
エンターテインメント・衣食住・スポーツ・自然・アート・文化、様々なジャンルのモノゴトを、一隅を照らすというメッセージを組み込み、コンテンツ化させる。それぞれの分野でチャレンジを続けるアーティストや団体による音楽ライブやアート展示・ワークショップなどを開催。
本・文化の発信拠点「TSUTAYA BOOKSTORE」とのコラボレーション!通常非公開となっている東塔大書院に期間限定TSUTAYA BOOKSTORE特別バージョンが登場。「命」「平和」「食」「文化伝統」など「一隅」にまつわるテーマの本をピックアップし、大書院内でご紹介。おかざき真里『阿・吽』の複製原画パネル展と、京都造形芸術大学 KYOTO T5(京都伝統文化イノベーション研究センター)展示も開催。
西塔にある常行堂・法華堂(通称にない堂)を舞台に「一隅を照らす」をテーマにした京都造形芸術大学による学生のプロジェクト作品や京都造形芸術大学の教授で、現代美術作家としても知られるヤノベケンジ氏の作品KOMAINU -Guardian Beasts(2019)を展示。
釈迦堂前にて関西の高校吹奏楽部によるパワフルなサウンドとアーティストとのコラボセッションも三日間連続開催。

Credit

Client:Tendai Buddhism, Producer:Kazumasa Murayama, Director:Dongshu Huang