代表者紹介

プロデューサー / 支社長

Kazumasa Murayama

村山 和正

1978年京都の社家(代々神主の家)に生まれる。10代の頃、京都特有の仕来りや行事などに嫌気が指し高校を地方に進学。大学はUniversity of Hawaii at Manoaにて天体物理学を専攻。帰国後20代はクラブDJやラジオ局のディレクター、イベント制作会社で企画・制作・運営を担当。30代は全く業界の違う「ものづくり」に興味を持ち、ディスプレイや什器・印刷物の工場を持つ会社で約10年技術を学ぶ。

2016年株式会社オートクチュールに入社。 2017年京都で開催された「Louis Vuitton 2018クルーズ・コレクション」プロジェクトを機に京都へ20年ぶりに帰郷し京都支社を立ち上げる。現在は京都に軸足を置き製薬メーカー・自動車メーカー・ハイブランド企業のPR・プロモーション・セールスプロモーション企画等に加え、比叡山延暦寺や醍醐寺など寺社仏閣において伝統文化を活用した企画・PR施策やイベントなどをプロデュース。 2019年11月に開催される「世界遺産比叡山延暦寺 一隅を照らす50周年記念事業 総合プロデューサー」に就任。